個人事業者でも即日融資は可能なの?

会社勤めをしていればと、即日融資を希望しても何の問題もありませんが、個人事業主の方が借入を希望する場合は少し様子が違ってきます

 

個人事業主と会社員の違い

個人事業主とサラリーマンの違いは、同じ収入が有っても、安定収入かどうかと言うところに違いがあります。商売が順調のときは会社員以上に利益が上がることもありますが、商売が厳しくなってくると生活費に困るような事態になる事もあります。

 

収入が安定したサラリーマン(正社員)は貸金業者にとっても上顧客ですから、即日融資を申込んでも問題なく貸付してもらえます。しかし、収入の安定しない個人事業主が即日融資を申込んでも融資が受けられるのでしょうか。

 

個人事業主への対応は、消費者金融と銀行(カードローン)の場合で微妙に異なります。
それぞれについて見ていきます。

 

消費者金融のキャッシング

消費者金融のキャッシングは資金使途がありませんので、事業資金としても生活資金としても利用できます。ただ、個人事業主の場合サラリーマンのような「安定収入」があると認めてもらえることが少ないので、会社員に較べて、少し審査が厳しくなるようです。

 

また、個人事業主でしたら年収の1/3以上借りられる場合もあります。
総量規制は個人に対する貸付の規制なので、個人事業主が「事業性資金」としてキャッシングする場合には、総量規制の「例外」にあたり、年収の3分の1を越えていても、借入は可能です。

 

消費者金融の大手でも、こうした個人事業主の事業性資金に対する商品を用意しているところもあります。

 

銀行カードローンの場合

基本的に個人事業主が「事業資金」として銀行カードローンでのキャッシングすることはできません。どこの銀行カードローンでも、商品説明の内で、「資金使途は自由(ただし事業性資金を除く)」と明確に条件付けられています。

 

では、個人事業主は銀行カードローンが利用できないかというと、そうではありません。
「事業資金」として貸付はできませんが、生活費としてならキャッシングは可能です。

 

資金使途を生活費とすればなんの問題もありません。
ただ、キャッシングが可能というだけで審査に通るかは別と考えてください。