専業主婦でも即日融資で借りられる

これまでキャッシングの利用が一番多いと言われていた主婦層のキャッシングが、大きく変わっています。

 

理由は2010年貸金業法の改正による総量規制の完全施行による融資制限の為に、専業主婦は今までと違って、ある意味キャッシングが難しくなっています。

 

総量規制で変わったこと

消費者金融や、信販会社を利用したキャッシングの融資限度額は、年収の3分の1以内と制限されるようになった為、基本的に収入がなければ申込すらできません。ですから、パートはアルバイトで収入を得ている兼業主婦は、即日融資で借りることも可能ですが、これまで利用の多かった無収入の専業主婦は、個人名義でお金を借りる事は出来なくなりました。

 

ただ、専業主婦のキャッシングは、総量規制の「例外」にあたる「配偶者貸付制度」を取り入れている消費者金融なら申込ができます。

 

この制度は、配偶者の年収を合せた合計の3分の1以内まで貸付をしてもよいというもので、この制度で融資を受けるには、配偶者の同意を得ることが条件になります。

 

この制度を取り入れている消費者金融もありますが、大手消費者金融のほとんどが本人に収入が有ることが条件になっているので、実際のところ無収入では申込ができない事になっています。

 

専業主婦はキャッシングが利用できない?

消費者金融は総量規制の制限で、年収がなければ貸付できませんが、銀行カードローンは銀行法で事業をおこなっているため、貸金業法の影響は受けず、総量規制の対象外になります。

 

銀行カードローンでも、本人に収入がある事が条件ですが、審査に通れば収入に関係なく融資が受けられます。

 

銀行カードローンの中には本人に収入がなくても、配偶者に収入が有れば融資が可能という、専業主婦専用の商品を取り扱っている銀行もあります。

 

たとえば、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、融資限度額30万円までなら即日融資も可能ですし、みずほ銀行カードローンも融資限度額30万円まで、イオン銀行カードローンは口座があれば融資限度額50万円までは即日融資も可能で、本人に収入がなくても申込が可能です。

 

申込はインターネットからの申込方法が便利で、24時間いつでも申込ができ、店舗へ出向く必要もなく、これらの商品なら安心して申込みができます。